週刊大人ちゃんねる

あのエロブログの管理人がエロネタ満載でAV動画全般をご紹介します。

あの安達祐実と互換?天才子役と呼ばれたクリスティーナ・リッチをご存知ですか。

映画通でない方に、”クリスティーナ・リッチという女優さんを知っているか?”と問いかけても、おそらく「ピンとこない!」という方がほとんどだろうと思います。ちなみに彼女の名が世間一般に広く知れわたるようになったのは、今から30年ほど近く前の1991年に公開されたホラーギャグ映画「アダムス・ファミリー」で、娘役のウェンズデーを演じたことがそのきっかけでした。

アダムスF1
ウェンズデー

※ハゲ坊主のおじさん役を演じたのは、あのバック・ザ・フューチャーのドク役を演じたクリストファー・ロイド氏になります。

そう!こちらの映画をご覧になられた方ならおわかりかと思いますが、彼女は妖怪一家の娘役にふさわしい小憎らしさとかわいさを合わせもっていて、その存在感はもはや子役の域を超えていたと言ってもおそらく過言じゃ~ありません。が、そんな彼女も成長するにつれわが国では忘れられた存在になってしまい、大人になったクリスティーナ・リッチの映画を見たことがあるという方はおそらく数えるほどしかいないのではないでしょうか。

が、彼女は今でもアメリカではそこそこ人気があって、過去に出演した映画の中で、な、なんと!その成熟した姿(=フルヌード)をもうばっちりご披露してくれたことがあったんですよね。そこで、過去にアダムス・ファミリーをリアルタイムでご覧になった方はもちろんのこと、「わしゃそんな映画もクリスティーナ・リッチのことも全然知らんがな」という海外発の映画に疎い方も...

今宵分け隔てなく、
続きを読むをCLICK↓↓
クリスティーナ・リッチ1
クリスティーナ・リッチ2

[タグ未指定]
[ 2019/07/16 18:25 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(1)

海外で賞を受賞しまくった一般(エロ)映画作品、「FADO」の性描写がすごかった件。

今宵は、一般(エロ)映画作品の制作大国のひとつに数えられるドイツと、最近は映画作品のほとんどを他国との合作に頼りがちな南欧の国・ポルトガルがタッグを組んだ映画作品のひとつをご紹介してみたいと思います。

Fado1
 ■FADO(2016年)
 ドイツ・ポルトガル合作
 監督: Jonas Rothlaender
 出演:Golo Euler
 Luise Heyer
 Albano Jerónimo
 Pirjo Lonka
ベルリンの若い医者ファビアンは、治療の甲斐もなく死んでしまった患者が以前付き合っていた恋人のドロに似ていたことから、もう一度彼女とやり直したいと思い立ち、現在ドロが暮らするリスボンの地へと旅立つ。ドロは辛い別れをした彼の突然の出現に動揺はしたものの、二人は再び愛し合えるものと感じていた。しかしファビアンは、ドロの同僚であったフランシスコに対してジェラシーを抱き、過去と同じ過ちを繰り返すことになってしまうのだった...


実はこちらの映画、「アハトゥング・ベルリン 監督賞」、「マックス・オフュルス祭 監督賞」、「シカゴ国際映画祭 シルヴァーヒューゴ賞」、「エクスベルリーナ映画賞」、「ドイツ映画批評家協会賞 新人監督賞」など数多くの映画賞に輝く作品でありながら、そのSEX描写はけっこう過激かつ大胆で、主演女優・ ルイーゼ・ヘイヤ―の体を張った艶技が本作品最大の見どころPOINTになっているんですよね。

fados3
Luise Heyer

その中でも特に注目すべきシーンというのが、主演女優のルイーゼ・ヘイヤーがガチフェラに及ぶところ(もしかするとルイーゼ本人ではないかも?!)で、これはいつものごとく賞狙いの姑息な手段(過激な性描写で観客および審査員の目を引く...)であった可能性が大です。ま、とはいえ、こんな奥の手を堂々繰り出せるのがドイツやスペインなどの西欧映画界の強みといってもよく、いまだにモザイクやボカシ、疑似ファック&疑似フェラといった手法に頼らざるを得ない日本映画界との決定的な違いになっていることは正直否めないだろうと思います。(;´д`)トホホ...

そういう意味ではわが日本の映画界もそろそろ大変革(フェラ&SEXシーンのモロ解禁)の時期にきているんじゃないかと思うのですが、日本の法律がそれを許さないことは周知の事実。そこでせめて今宵は、性描写に対して大らかな国のひとつ、ドイツ(&ポルトガル)発一般(エロ)映画作品でもって、プチもっこり♂していただければ幸いです。

FADOs1
FADOs2

[タグ未指定]
[ 2019/06/16 19:10 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(2)

メキシコ発SFスリラー(&エロ)映画、「The Untamed」はとにかくもう必見です。

今宵は、わが国よりも性の描写に関して大らかな国のひとつ、あのラテンの国・メキシコ発のいかにも風変りなSF映画作品のご紹介です。

untamed
 ■The Untamed(2016)
 メキシコ・デンマーク・仏・独
 ノルウェー・スイス合作
 監督:アマト・エスカランテ
 出演:シモーネ・ブッチョ(ヴェロニカ)
 ルース・ラモス(アレハンドラ)

若く美しい女性アレハンドラは、夫アンヘルの暴力に悩まされながら、二人の幼子を必死で育てていた。しかし、そんなアレハンドラの苦悩を気にする素振りも見せない夫は、密かに彼女の弟ファビアンとも肉体関係を結んでいたのだった。そんなある日のこと、森の奥で変わり果てた姿のファビアンが発見される。失意に暮れるアレハンドラは、ファビアンの友人ヴェロニカの勧めで、弟が発見された森の奥にポツンと立つ小さな屋敷を訪れることに.....。そこで彼女を待っていたのは、軟体動物のような長い触手を持つ謎のクリーチャーだった...

mainstaff
sブッチョRラモス

ちなみにこちらの映画は、当ブログの過去記事でご紹介させていただいたあのメキシコ映画「バトル・イン・ヘブン」の助監督を務めたことのある”アマト・エスカランテ”監督が、 「究極の快楽」をもたらすというクリーチャーの恐怖を描いたSFスリラー作品になるのですが、その映像美や独自の世界観などが各国の映画祭などで話題を集め、第73回ベネチア国際映画祭で”銀獅子賞(最優秀監督賞)”に輝いた注目すべき作品のひとつになるかと思います。

ま、なんせこちらの映画、「SFエロティックスリラー」という風に形容されていることからもわかるように、劇中登場する怪しい軟体生物のもつ特技というのが、なんと!人間を含む動物たち全てを究極の快楽に導く(要するにイカせる!)ことだというから、もうビックリ~!!そう、とにかくこの軟体生物ときたら、作品の前半、シモーネ・ブッチョ演ずる全裸(アンダーヘアもろ出し)のヴェロニカのお股を攻め立ててみたり、さらに映画の後半でルース・ラモス演じるアレハンドラに絡みつき、口&マ★コの中にペニスそっくりな触手をこれまた突っ込みまくるなど、もうやりたい放題やらかしちゃってるんですよね。(笑)

そんな謎のクリーチャーの造形(CG)は、2016年に公開されたアメリカ映画”ローグワン/スターウォーズストーリー”のVFXを担当したスタッフたちが手掛けたもので、ほぼパーフェクトな仕上がり具合!これだけでも充分見る価値があると思われるメキシコ発一般(エロ)映画、「The Untamed」の動画をご覧になりたい方は、続きを読むをクリック。

※The Untamedの映画紹介HP(英文)はこちらから↓
https://www.imdb.com/title/tt5265960/
untamed4
untamed8
untamed9

[タグ未指定]
[ 2019/05/14 20:29 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(0)

2008年に公開されたフィリピン映画、"Serbiis"を見ずして今宵眠ることなかれ!

あのふだんから問題発言の多い現フィリピン大統領のドゥテルテ氏が、南部マギンダナオ州での演説において「フィリピンの国名をいつの日かマハルリカに変えたい!!」という風に怪気炎を上げてしまったのがつい先日のこと。これはかつてスペインに統治されていた頃に付けられた国名であったがために、新しい国名に変えたいというその気持ちはわからなくもありませんが、今後同国内で国名をめぐっての議論が巻き起こるであろうことは必至です。

そして今宵は、そんな国名問題を抱えたフィリピンで過去に製作&上映された、『Serbis 』なる一般映画作品についてご紹介してみたいと思います。

serbis
 Serbis (2008年)
 製作国:フィリピン
 監督: Brillante Mendoza
 出演:Gina Pareño
 Jaclyn Jose
 Julio Diaz
 Coco Martin
 Kristoffer King Kristoffer King
 Dan Alvaro

ルソン島パンパンガ州。性風俗産業が盛んな街アンヘレス市で暮らすピネダー家は、家族でポルノ映画館を経営していた。館内ではスクリーンに男女が絡むシーンが映し出される中、出会いと快楽を求めてゲイたちが集まって来る。一方、ピネダー家の面々それぞれが色んな問題を抱えていた...


ちなみに過去に同国で上映された映画作品としては、わが国を代表する俳優の浅野忠信が出演した映画『壊れた心(2014年)』や、第29回東京国際映画祭”最優秀男優賞&観客賞受賞”に輝いた 『ダイ・ビューティフル(2017年)』などの作品があって、いずれもそれなりに高い評価を受けているんですよね。しかも今回ご紹介する映画が、性的に過激なシーン(ガチフェラ&性器もろ出しなど…)に果敢に挑戦しているとなれば、「フィリピン映画侮りがたし!」おそらく誰もがこんな感想を持たれるに違いありません。

そんなエロいシーンを網羅した同作品は、第61回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、同年にアジアから出品された作品の中では最もチケットの売り上げが好調だったんだとか...。ま、過激な内容を誇る同映画のことを知ったスケベ野郎たちがチケットの売り上げを後押ししたであろうことは想像に難くありませんが、その作品内容自体もそれなりに高い評価を受けていることもまた事実。それが証拠に、カンヌ映画祭の審査員でもある男優のマッツ・ミケルセン氏が、「絶対的に美しい主演女優による(すばらしい)パフォーマンス!」と同作品のことを褒めちぎっていたことからもおわかりいただけるかと思います。

そこで今宵は、漫画の実写化でしかその存在意義を見出せない日本のクソ映画界とはひと味もふた味も違うフィリピン映画界衝撃の問題作、『Serbis』の動画(short&full ver)をご用意させていただきました。こちらの動画を早速ご覧になりたい方は...

続きを読むをクリック。
Serbisx1
Serbisx2
Serbisx4

[タグ未指定]
[ 2019/04/16 19:02 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(0)

熟女好きは見逃せない海外発一般(エロ)映画、「アンタレス」のその中身とは...!?

エロ系一般映画といったら、もちろんフランスの右に出る国はありませんが、フランスの右側に位置する国のひとつとしてオーストリアがあります。今宵はそんなオーストリア発の一般エロ映画作品、「アンタレス(邦題:3つの不倫)」をご紹介してみたいと思います。

antaresx1

 ■ANTARES 
 邦題:3つの不倫
 2004年 オーストリア映画
 監督:ゴッツ・スピルマン

 出演:ペトラ・モルゼ
 アンドレアス・パットン
 ズザンネ・ヴースト
 デニス・キュービック
 アンドレアス・キーンドル

オーストリアの映画監督ゲッツ・シュピールマンによる2004年度の作品(トロント、ロカルノ、バンクーバーの各国際映画祭に出品)で、いずれも「本来」の相手と上手く行かない3組のカップルの恋愛・性愛模様のからみを描いた意欲的な作品。

ちなみに本作品では看護師エヴァ役を演ずるペトラ・モルゼに注目していただきたいのですが、ヘアもろ出しなのはもちろんのこと、ガチフェラ&ガチファック(アップがないのでわかりにくいところが難点)にも果敢に挑戦しているんですよね。そんな彼女の映画出演時の年齢は52歳と決して若くはなかったものの、熟女好きな方にとっては見逃せない一本に仕上がっているかと思います。

ところで本作品はわが国では劇場公開されてはいませんが、ビデオで視聴したユーザーたちの作品レビューを見てみると、「面白くない!」「内容がない!」「たいしたオチも重厚な意味もない。」などなど、批判的な言葉のオンパレード。ま、それでも、『中年男女の性愛描写がかなり生々しい。それだけでも見る価値はある!という前向きなレビューが含まれていたことが、せめてもの救いであったかもしれません。(笑)

 ...というわけで、Hなシーンがなければただのクソ映画に過ぎなかった(かもしれない)オーストリア発の一般(エロ)映画、「アンタレス」の動画をご覧になりたい方は、続きを読むをクリック。

アンタレスd1
antarescnm3
antaresfcnm4

[タグ未指定]
[ 2019/03/19 21:15 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(0)

イタリア発一般(エロ)映画「ポルノトーク」の衝撃シーンに、もお~唖然茫然です。

過去に過激なエロ描写を売りにする海外発一般(エロ)映画作品を何本かご紹介してきましたが、今宵取り上げるイタリア映画もまた、とてつもなくエロ~い内容を誇る映画作品のひとつになります。

Guardami
 ■GUARDAMI(1999)
 ※第56回ベニス国際映画祭にてプレミア上映
 イタリア映画
 監督: デヴィデ・フェラーリオ
 出演:エリザベッタ・キャバロッティ
 ステファニア・オルソラ・ガレッロ
 フラヴィオ・インシンナ
 ジャンルカ・ゴビ
 クラウディオ・スパダロ

イタリア映画界の鬼才・フェラーリオ監督が、ポルノの世界に生きる女たちの日常を官能的に描いた本作品は、エロス映画好きユーザーから女性までもターゲットにしたA級エロス作品のひとつである。


ちなみに本作品で主役を務めるのがイタリア人女優のエリザベッタ・キャバロッティになるのですが、彼女の見た目は正直美人とはいいがたく、どちらかといえばゴリラに近い顔立ちをしているんですよね。(笑)ま、それが若干のマイナスPOINTにはなりますが、顔のブサイク度を補って余りある過激な露出を彼女は見せてくれるため、「わしゃ顔面偏差値の高い女優にしか興味がない!」という方以外にはそれなりにオススメできる作品に仕上がっているかと思われます。

それにしても、本作品はポルノ映画界の日常を描いていることもあって、もうドン引き必至のエロ~いシーンが「もうこれでもか~っ!」といわんばかりに登場するのですが、その中でもエリザベッタの挑んだストリップシーン(ガチでマ★コくばあ~っ!)は要注目で、一般女優にあるまじきそのご開帳っぷりに誰もが開いた口が塞がらなくなること必至です。で、まさかとは思いますが、『これで彼女がゴリラ顔じゃなければよかったのに!!』といったないものねだり発言については、どうかくれぐれも慎んでいただきたいとそう願う次第です。

GUARDAMI1
GUARDAMI2
GUARDAMI3
GUARDAMI4

[タグ未指定]
[ 2019/02/15 19:36 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(1)

美人女優ヴィルジニー・ルドワイヤンが出演したホラー映画「マザー」をご存知ですか。

”ヴィルジニー・ルドワイヤン(Virginie・Ledoyen)”という名前を聞いても、「へっ、それって誰?!」という答えが返ってくること必至なのですが、けっこう美形(若い頃)なフランス人女性に冠せられたその女優名になります。

VIRGINIE LEDOYEN
LEDOYEN1


ちなみにヴィルジニー・ルドワイヤンは、子供のころからモデルとして地元フランスの広告やCMにたびたび登場。1991年(彼女が15歳のとき)に、映画『Mima』でもって女優デビューを飾るや、なんと!3年連続でセザール賞の最優秀新人女優賞にノミネートされるなど、女優としての資質&その実力のほどは推して知るべしだろうと思います。また彼女は自国フランスでの映画出演だけでは飽き足らず、あのハリウッド映画界に進出してみたり、アジア発(=台湾)の映画にも請われて出演するなど、まさに世界を股にかけた女優人生を送っていらっしゃるんですよね。

しかもフランス人女優といえば、あのソフィーマルソーをはじめ、シャルロット・ゲンズブール&エヴァ・グリーンといった超有名女優たちが、映画作品の中で漆黒のアンダーヘアーを堂々さらけ出していることは周知の事実であり、ヴィルジニー・ルドワイヤンとて例外ではありません。そして、彼女が過去に出演した映画作品の中でも、『 House of Voices(邦題:マザー)』はとにかく要注目の作品で、妊婦役に挑戦したルドワイヤンが大胆な腹ボテヘアヌードを堂々ご披露してくれるシーンは、何をさておいても必見です。

VIRGINIE LEDOYEN2
VIRGINIE LEDOYEN3
house of voices
 ■House of Voices(2004年)
 邦題:Mother(マザー)
 製作:フランス
 監督:パスカル・ロジェ
 出演者:ヴィルジニー・ルドワイヤン
 ルー・ドワイヨン
 カトリオナ・マッコール
フレンチアルプスのサンタンジュ孤児院では、老朽化が原因で閉鎖が決まり、そこで生活していた子供たちは新たな旅立ちを迎えようとしていた。そこに前の雇い主とトラブルを起こし、ここで新しくメイドとして働くことになったアンナが到着する。やがてアンナは一人だけ孤児院に居残ったジュディスという少女と出会う。そしてメイドの仕事を始めてまもなく、どこからか聞こえてくる子供の足跡に悩まされようになるのだが、その声が聞こえるのはアンナとジュディスの2人だけだった。孤児院に何か秘密があるのではないかと探り始めるのだが...


[タグ未指定]
[ 2019/01/22 20:37 ] 海外製一般エロ映画 | TB(0) | CM(0)
Adult only
r18
プロフィール

ZEYO

Author:ZEYO
あの某アダルトブログの管理人が”旧ブログの凍結”を受けて新たにこちらのブログを立ち上げました。

即ヌキAV動画
三上悠亜 高橋しょう子 伊藤まどか あおいれな 永井すみれ 柴咲りいな 大島美緒 透き通るような白い肌×冬服制服のスレンダー女子校生 みのり 天衣萌香 ヤルからにはトップを獲る!芸能人ソープ嬢 ANRI 跡見しゅり 秋月心音 前園希美 安達まどか 本職 浅草ロック座 踊り子 観月奏 19歳 働く美少女ダマし撮りナンパ 某IT企業の受付嬢をナンパしてSEX動画をネタにAV出演を承諾させたので訴えられる前に発売しときます。 めい 八束みこと Sランク美少女の風俗初体験 みのり 西野希 小さな幼精の4つの物語 井上みづき148cm 『天音ありす上京初撮物語』 貞操観念ZERO 槍間くるみ006pl.jpg 碧木凜 思わず●RECしたくなる着衣爆乳おっぱい7 りおん 17歳年の離れた少女と子作り不倫旅行 with愛しのピッチピチ巨乳Hカップはるたん 純愛☆妹アイドル マシュマロ3d+ ~アイドル大乱交 私たち、お兄ちゃんたちとSEXしちゃいましゅ!! 双葉ゆきな おしえご。無毛の花嫁。なな148cm ロシアン素人AV初撮り 東欧で出逢った奇跡のモデル級スレンダー美脚の金髪カレッジガール 秋本楓 美涼りな いじめられっこの僕を好きになり、オナホになってくれたクラスのマドンナ みお 神木さやか 引退作 アメリア 発掘し隊 天然原石少女 瀬戸内海の離島で生まれ育った上京日焼けボインちゃん lilly 関西在住 現役オペラ歌手は肉棒がお好き 三井悠乃 山口ひろの
イメージビデオ作品
大原優乃太原優乃 黒木ひかり黒木ひかり 笹山りん笹山りん 小宮有紗小宮有紗 橋本マナミ橋本マナミ 内田理央内田理央 片岡沙耶片岡沙耶 夏目雅子夏目雅子 安枝瞳安枝瞳 あずまひかりあずまひかり 高宮まり高宮まり 平嶋夏海平嶋夏海 忍野さら忍野さら 金子智美金子智美 冨手麻妙冨手麻妙 池田ショコラ池田ショコラ おのののかおのののか 片山朋美片山朋美 大澤玲美大澤玲美 森田涼花森田涼花 和地つかさ和地つかさ
最新コメント
最新トラックバック
アダルトブログランキング
FC2ブログランキング
現在の閲覧者数
訪問者数